スマホで簡単クレジットカード現金化!

グレーゾーンでも利用者側の罰則はあるのでしょうか?

クレジットカード現金化はどのカード会社でも認めていません。

規約にもしっかり書かれているため、もし現金化を目的にカードを使用したことがバレたら、利用した金額の一括返済や強制解約ということになる可能性も高いです。

しかし、だからといってクレジットカード現金化で詐欺罪に問われる可能性はほぼありません。


そもそもグレーゾーンであったクレジットカード現金化ですが、最近はさらに厳しい目を向けられるようになり、業者のなかには実際に逮捕された者もいます。
そのため、クレジットカード現金化のために債務地獄に陥り苦しんでいても、後ろめたさのために弁護士にも正直に言えないという人までいるようです。

しかし、そんなに悲観する必要はありません。弁護士に正直に話せば何らかの手立てを打ってくれます。

組織的でよほど悪質でもない限り、個人がクレジットカードを現金化しただけで詐欺罪として立件される可能性は限りなくゼロに近いです。

とはいえ、好ましくないと思われることも確かで、債務整理の際にも免責不許可事由になり得る行為です。

また、ネット環境だけで誰でも始められるクレジットカード現金化業者ですから、詐欺業者も数多く存在します。

したがって、犯罪に問われることはないとしても、クレジットカード現金化にはリスクが伴うことは知っておいてください。