スマホで簡単クレジットカード現金化!

関連する詐欺情報

カード現金化は金利がかからず、審査も必要ないので、借り入れしたいときにはすごく手軽で便利なもの…確かにそうなのですが、少しの油断で詐欺に巻き込まれる可能性もあるため、しっかりと業者を見極めることが大切となります。
また、カード現金化に関連する詐欺にはどのようなものがあるかを事前に理解しておくことも、詐欺に巻き込まれずに、安心と信頼があるカード現金化業者を選ぶことができるでしょう。


例えば、よく見受けられるのが、「クレジットカード現金化をする場合は、当社にお手持ちのクレジットカードを預けていただく必要があります。」と言って、あなたのクレジットカードを業者にしばらくの間、預けるというパターンです。

そもそも、通常のカード現金化であれば、クレジットカードを業者に預けるということはまずありません。
こういった場合、クレジットカードをスキミングすることで、クレジットカードに書き込まれている様々な情報を盗もうとしているのです。
「クレジットカードを預けてください」と要求するカード現金化業者は避けるべきです。

また、クレジットカードを預けなくとも、詐欺に巻き込まれる危険性はあります。
最近ではカード現金化がインターネットのオンライン決済を利用して、ご自宅にいながらにして行えるようになっていますが、実はこれを逆手に取って、インターネットで相手に個人情報を専用のフォームに入力させるという詐欺もあります。
インターネットサイトを持っているのは確かにその業者の信頼度の高さを示すものですが、中にはそのような詐欺まがいのサイトもあるため、特に質の悪いインターネットサイトを持っている業者は注意が必要です。


また、カード現金化の際に振り込んだお金を、手違いがあったからと、再び業者に振り込んでほしいという詐欺があります。
相手に振込ませて、そのまま消えてしまうような業者である可能性も高いのです。

これらの詐欺はあくまでも一例にすぎません。

カード現金化は便利な反面で、詐欺もあることを頭に入れて、慎重に業者選びをすることが、自分自身を詐欺から守ることにもつながります。